Scratch3 : Catch Game

プログラミング学習のアクティビィティ第3回目は、落ちものゲームを作りました。
https://scratch.mit.edu/studios/31425730
↑生徒さんの作品は上のリンクから見られます。

今回は1からゲームを作るのではなく、講師が作成したゲームを元に、キャラクターを変えたり、スピードや点数を変えたりできる、ScratchのRemixという機能を使いました。

まずグループごとに分かれ、どんなゲームにするかプランを作ります。
メインのキャラクター、落ちてくるもの、背景、得点方法、レベルアップ、ゲームオーバーなどのルールを決め、欲しいキャラクターがない場合は自分で描いたり、写真を撮ったりして作成していきました。

うまくいかないこともいろいろありましたが、今のところは、だんだん仕組みがわかってくる程度でいいかなと思っています。次回もお楽しみに!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。